断熱の目的

室内と室外との境界である屋根や天井、外壁、床、窓などのことを外皮といいます。住宅の断熱化とは、この外皮の断熱性を向上させることであり、断熱材を使用することで外皮における熱の出入りを抑制することを目的としています。

熱の出入りを抑制するということは、当然、暖房により暖められた室内が冷えるのを遅らせ、より少ないエネルギーで冬期の室内を快適にすることができます。夏期においては外部からの熱の侵入を遅らせ、室温の上昇を抑えます。しかし、夏期においては断熱化と同時に窓における日射遮蔽対策も講じる必要があります。

現在において、住宅の断熱化は省エネ性の視点で評価されることがほとんどですが、断熱性の向上が居住者の健康に大きく関わっていることが近年の研究で明らかになってきています。

断熱化によるメリット

省エネに対する効果(エナジーベネフィット(EB)という)

暖房期
  • 外部への熱損失の抑制
  • 暖房エネルギーの削減(暖房コストの削減)
冷房期
  • 外部からの熱侵入の抑制
  • 冷房エネルギーの削減(冷房コストの削減)

 

省エネ以外で得られる効果(ノンエナジーベネフィット(NEB)という)

  • 冬期の室温上昇→呼吸器の免疫力の低下を抑える
  • 室内表面温度を室温に近づける→快適性の向上

  • 全館連続暖房→室間温度差の低減→ヒートショックの抑制(温度のバリアフリー)

  

ただし、どんなに断熱材を厚くしても気密がともなわないと意味がありません。

詳しくはこちら

上に戻る