社名の「ジョイ・コス」には、何か意味はあるのですか?

ギリシャ語で「家・住」を意味する「oikos(オイコス)」という言葉があります。「oikos(オイコス)」は「eco(エコ)」の語源ともなった言葉なのですが、この「oikos(オイコス)」と英語の「enjoy(エンジョイ)」を組み合わせて「家を楽しむ、住を楽しむ」から「Joy・kos(ジョイ・コス)」という社名が生まれました。

「チャコの家」の「チャコ」ってどういう意味ですか?

そもそも「チャコの家」とはジョイ・コス住宅システムで建てられた家の愛称なのですが、床に炭化コルクと硬質ウレタンフォームの複合断熱パネル「ジョイパネル」を採用していますので、「チャコ」は「チャコール」、つまり炭を語源としています。

「ジョイ・コス」は建物内を全て暖房する全館暖房だそうですが、誰もいない場所まで暖めるのはムダではないでしょうか?

断熱性・気密性の乏しい建物では全館暖房は当然ムダになるでしょう。
しかし、高断熱で高気密、換気もしっかり考えられた建物では、たとえ部分的に暖房しても熱が外気に逃げる前に室内側へ広がっていきます。
また、一度建物全体を暖めるとその断熱・気密性によって熱が逃げにくくなりますので、少しの熱で室内を快適温度に保ってくれます。
さらに、建物内での温度差が2℃程度と非常に小さいのでお年寄りにも優しい熱的バリアフリーな住環境となります。

最近知人から基礎断熱がいいと聞いたのですが、「ジョイ・コス」も基礎断熱ですか?

いいえ、「ジョイ・コス」は浴室や玄関といった土間のある場所以外は全て床断熱です。

基礎断熱は土間コンクリートの熱容量をうまく使って室温を安定させる効果があるといわれていますが、ジョイ・コスでは誰も出入りしない空間を暖める必要はない、つまり床下は外と考えています。基礎断熱の建物ではよく床下に暖房器を置いたりしますが、手の届かない場所で、また滅多に誰も入らない場所に熱の出る暖房器を置くのはメンテナンスの面からも疑問が残ります。
また、床の表面温度は基礎断熱より床断熱の方が高くなりますので、炭化コルクの遠赤外線効果も加わり床暖房なしでも冬場に裸足で生活できる居住空間が実現されます。

オール電化住宅は室内で何も燃やさないからCO2(二酸化炭素)が出ず、地球温暖化防止に一役買っているんですよね?

確かにオール電化住宅は、ガス・電気併用住宅とは違って室内または屋外での燃焼がありませんから家自体ではCO2は発生しません。しかし、家で消費する電気を作るために発電所では当然CO2は排出されています。

ですから、効率の悪い蓄熱暖房器や電気温水器を採用してしまうと電気を大量に使ってしまうため省CO2にはなりません。また、高効率エアコンやエコキュートなどのヒートポンプ機器を採用すればCO2排出の抑制に有効ですが、最低限の断熱性や気密性がないとそれらも無意味になってしまいます。

オール電化にすると光熱費が高くなると聞いたのですが本当ですか?

オール電化にすると光熱費、つまり電気代が高くなるというのは誤解です。

オール電化でもガス・灯油との併用でも建物の性能(断熱・気密・換気)が不十分だと光熱費はかさみますし、快適な住まいを実現すること自体難しくなるでしょう。
また、ただ単に電化機器を入れただけではオール電化とはいえません。オール電化住宅は、健康、安全、クリーンで快適な住まいが基本ですから当然それに見合った建物の性能が要求されるのです。

24時間換気は365日運転しっぱなしで電気代が心配です。止めちゃダメですか?

24時間換気は、住宅内で人が健康的で快適に生活する上で絶対に必要なものです。

ですから「チャコの家」における24時間換気システムにはON/OFFスイッチは当然ありませんし、メンテナンス時以外で止めてはいけません。

また、換気ファンの消費電力は12Wなので一ヶ月当たりの電気代は250円程度です。

高気密化しても換気のために穴を開けるのであれば意味がないのでは?

高気密化の目的は、隙間風を防ぐためだけではありません。

高気密化することで、断熱材の断熱効果をフルに引き出し、換気に関しても給気したい場所から給気し排気したい場所から排気する、つまり室内の空気の流れをコントロールするための高気密化でもあるのです。
ですから、気密測定の他に24時間換気に関しても設計だけでなく現場での測定・調整を全棟実施しています。

オール電化だと停電の時に心配なんですが・・・。

オール電化住宅以外でも停電時はほとんどの器具が使えなくなります。

しかし、オール電化住宅の場合は、温水器や蓄熱暖房器の残量があればそれがなくなるまでは使えますので逆に安心だと思います。
ただIH等の調理器具は使えなくなりますので、万一に備えてカセットコンロを用意しておくのもよいでしょう。

「チャコの家」の光熱費はどれくらいですか?

オール電化住宅の場合ですと、月平均で坪300円~500円が電気代の目安になります。
例えば40坪の住宅の場合、
40坪×(300円~500円)=12,000円~20,000円が月平均の電気代ということです。年間になおせば
(12,000円~20,000円)×12ヶ月=144,000円~240,000円 となります。
※建設地や家族数、生活スタイルによって多少上下します。

上に戻る